ようこそ ゲストさん | 新規会員登録(初めての方へ) | ログイン
文字の大きさ お問い合わせ
プロジェクト・ホーム
プロジェクト・マップ
トピックス一覧
メンバー一覧
トモダチへ紹介
アンケート

プロジェクト・ホーム
|
映画「人生、ここにあり!」鶴ヶ島実行委員会
|
前の年へ 2017年 次の年へ
前の月へ 09月 次の月へ
  1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロジェクト新規メンバー
06月05日…ひらのり(17時46分)
06月05日…勝浦信幸(14時39分)
06月05日…いきいき/宮崎弘子(06時26分)
06月04日…ふう@おやこ劇場(23時30分)
プロジェクト・プロフィール
2012年06月04日
開設から1935日
<管理人>  ふう@おやこ劇場
<お問い合わせ>  こちら
<参加メンバー>  4人
<カテゴリー>:学術・文化・芸術・スポーツ
<参加・公開条件>
誰でもOK [ 外部公開 ]
※非ログインユーザにも書き込みが公開されます
<メッセージ>
合言葉は、“Si Puo Fare[シ・プオ・ファーレ]! (やればできるさ!)” 世界で初めて精神科病院をなくした国―イタリアで起こった実話を基に映画化!!


1978年、イタリアでは、バザリア法の制定によって、次々に精神病院が閉鎖された。「自由こそ治療だ」という画期的な考え方から、それまで病院に閉じ込められていた患者たちを地域にもどし、一般の社会で暮らせるようにした。

これまでイタリアでも語られることのなかったそんな時代の実話を基に、卓越した笑いときめ細やかな感性でコメディ仕立てに練り上げられた本作。まさに思いっきり笑って泣ける“人間賛歌エンターテイメント”!

なんと同国では、40万人を超える動員で異例の大ヒットとなり、一年以上に及ぶ超ロングランを記録するという社会現象になるほど、人々の関心を集めた。

映画「人生、ここにあり!」は、たとえ転んでも、あきらめないで夢に向かっていけば、いつか現実になる―そんな“希望”と“元気”を届けてくれる。


鶴ヶ島では、富士見公民館にて、2012年6月30日に自主上映会をすることにしました。